レーザー脱毛についての解説

レーザー脱毛とは、特定の波長のレーザーを皮膚に照射し、毛や毛根などにダメージを与えることによって脱毛する脱毛法です。

レーザーは黒色、または茶色にのみ反応するため、他の皮膚組織にはダメージを与えずに脱毛することができます。
カミソリや脱毛クリームなどでの自己処理は、肌を荒らしてしまう場合もありますが、レーザー脱毛なら毛根の部分のみに作用するため、肌を痛める心配はありません。

成長期の毛に照射した分は、毛の製造工場ともいえる毛母細胞を破壊できるため、永久的に脱毛できるといわれています。
したがって、毛周期のサイクルにもよりますが、少なくとも3回以上、産毛なども全く無い状態にしたい場合は15回以上、レーザー脱毛を繰り返すことにより、毛の生えてこないスベスベの肌を手に入れることができます。
感じ方に個人差はありますが、痛みはかなり少ないと考えていいでしょう。

特に、レーザー脱毛前によく行われていた「針脱毛」と比べると、痛みはかなり少なくなっています。

ただし、無痛というわけではなく、輪ゴムをはじいた程度の痛みは感じます。

皮膚ガン、アトピーの悪化などを心配される方は少なくありませんが、副作用は今のところ、問題になっていません。

皮膚ガンの原因となるのは紫外線であり、レーザーの光は赤外線に近いものですから、心配ありません。

レーザーは皮膚表面から3~4ミリ程度の場所までしか達しないため、血管や内蔵などに影響を与える事もありません。
なお、脱毛は医療行為であり、医師免許が必要となるため、エステでは本物のレーザー脱毛はできません。

https://www.youtube.com/watch?v=_KwQ2IpOPFs
http://www.sakai.ac.jp/course/beauty-make-up-artist/
https://www.youtube.com/watch?v=4kLWiV8xo04

銀座のヒアルロン酸に関する詳細はこちらです。

安心安全のスカルプDのボーテの効果をご提案いたします。

新宿の脱毛エステの情報が豊富です。

期待できるAGAスキンクリニックの口コミの有益性の紹介です。

埼玉の脱毛に関する耳より情報です。